​Well-being
(名詞) 満足のいく状態、安寧、幸福、福祉 など

 

​ごあいさつ

現在、人口が流入しているといわれる東京都区内​であっても、空き家は増加、うち賃貸用が半分程を占めています。

(平成30年住宅・土地統計調査より一部抜粋)

その反面、高齢者・障害者・低所得者を主とする住宅確保要配慮者が増加していることは、周知の通りです。

空き家や空き部屋で困る貸主さん、もう一方で住居に困る方。

どちらも増加傾向とは、おかしいと思いませんか?

確かに、住宅確保要配慮者(住宅弱者)の方々を、貸主さんが敬遠したいと思う理由も充分理解できます。

しかし、最近では敬遠の原因をいくらかでも軽減し、

お互いがWIN-WINの関係になることが出来る仕組みも整いつつあります。

しかし、その仕組みを地道に使っていくのは、業者として非常に手間がかかるので、

「見て見ぬふり」をしていないか?自省も込めて敢えて問います。

実際に、住まいに困っている方、空き部屋に困っている方の詳細をていねいに聞き取り、

打診を繰り返したところ、「実は絶妙にマッチングしていた」との事例は決して少なくありません。

​手間がかかり「生産性」は低いですが、困難事例ではやむを得ないことと認識しています。

貸主さん対応でも、既に賃貸経営に疲れ果て、気力が限界に達した方がいらしても、

「何で疲れたか?」を精査のうえ、対応します。

(決まった「管理メニュー」を敢えて用意していないので、1案件毎に対応を変えています)

これまでも・これからも、

借りる方・貸す方どちらも、困り事を抱えている方々からの期待に沿えるよう、

敢えて、「意味不明な業界の思い込み」「無駄な慣行」などは顧みず、

浮いた存在になることも覚悟のうえで、全力を傾けて参ります。

柿本 志信